FP無料相談に申し込むにはどうしたらいい?

一般的な保険の見直しというと実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりとやはり面と向かって話し合う場合がほとんどですが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。
流れをたどってみますと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。
通話料もかからないとのこと。
この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。
保険のプロに相談をしたことがある人はどれほどいるでしょうか。
実績について調べてみるとなんと一社だけで年間十万人以上の人が訪れているとのことです。
それだけ関心が高いとも言えますし、仕組みをきっちり理解するにはプロの話を聞く必要があるということの表れかもしれません。
各々の会社について見ていくと、来店タイプとしてほけんの窓口、訪問タイプとして保険マンモスのクチコミ等が多いようです。
それらの会社はFPさんの質に絶対の自信を持っているうえに、気軽に面談までできるという点に定評があるようです。
たくさんの人に利用されている保険無料相談。
専門的な話をプロとともにすることができるというのに、お金を払わなくて良いとは太っ腹ですよね。
下世話な話ですが、お金が流れる仕組みについて少し調べてみました。
簡潔に言えば紹介される保険会社がFPさんたちにお金を出しており、実際に契約ができたときにだけその分の手数料等が発生するそうです。
ですので最終的に我々と直接お話をするFPさんは面談だけでなく契約まで至らないとお金にならないわけですが、個人で動くより契約の機会は増えるので、誰にとっても嬉しいメカニズムと言えそうです。
タダだからと保険の相談にのってもらったとして、本来ならばこちらの判断は自由なのですが、せっかく親身になって説明してもらったり自分のために資料をそろえてもらっていたりすると、納得できなかった場合に困ることがあるかもしれません。
今後の人生設計の問題でもあるので、吟味を重ねてから決めた方が良いでしょう。
上手な断り方としては、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。
それでも強引な勧誘がある場合は専用の窓口に連絡しましょう。

http://www.fp-muryou-soudan.com/